DUGA(デュガ)の感想やメリット・デメリットを徹底解説

DUGA(デュガ)アダルトサイト オールジャンル系

DUGA(デュガ)アダルトサイト

DUGAは有料アダルト動画配信サイトとして多くのAVファンを楽しませていますが、特徴としてマニアックなフェチ好みの作品が多い点が挙げられます。

風俗でマニアックと言えば、ジャンル的に「スカトロ、変態、緊縛、ロリ系、盗撮」などが思い浮かびますが、これらの作品の品揃えにおいてDUGAが業界一と言っても過言ではありません。

そこで、DUGA(デュガ)に実際に入会した感想やメリット、デメリットについて詳しくご紹介します。

DUGA(デュガ)のメリット

DUGA(デュガ)の良い部分やメリットについてお伝えしていきます。

多彩なジャンル配信でマニアックな作品が多く

DUGAはフェチが好む作品を多く有しているのが特徴で、幅広い性癖を持ったファン層に受け入れられている有料動画配信サイトと言えます。

ちなみにフェチの定義としては、「特定の部位や物に異常なまでの執着や関心、愛着を示すこと」となっており、これをアダルトのジャンルに当てはめますと、ちょっと変わった性的嗜好の持ち主を指すことになるわけです。 そのうちの一つのジャンルとして「盗撮」が挙げられます。

盗撮に関してはホントにガチの素人のセックスを盗撮しているとなれば犯罪なので実際にはフィクションだと思われますが、DUGAには実にリアリティに溢れた作品も販売されていることが分かります。

例えば「日本全国ラブホ盗撮映像ベスト50人5時間」(メーカー:HOT ENTERTAINMENT 2019年11月10日発売)という作品です。この作品はFANZAで検索してもヒットしないため、購入するのはDUGA限定になるわけですが、内容はタイトルの通り、日本全国のラブホでの男女のセックスを5時間にわたって盗撮したものになっています。

ちなみに男女ともに顔にモザイクがかかっているわけではなく、登場する女性は皆モザイクなしで逆に男は皆モザイクありです。なのでもしかしたら女性は仕掛ける側の制作サイドの人間で、男性が素人なのか?とも思ってしまいますが、何かと妄想させるこのようなフェチ好みの作品になっていて、このような作品が揃っているのがDUGAの強みと言えるわけです。

DUGA(デュガ)のデメリット

決してメリットだけではなく、デメリットや悪い部分ももちろんあります。そこで、DUGA(デュガ)のデメリットについてもお伝えしていきます。

王道の作品が少ない傾向

ノーマルなAV作品が業界最大手のFANZAと比較してもかなり少ないという点が挙げられます。人気AV女優の作品数を比較してもそれは明らかで、例えばレジェンド級AV女優波多野結衣の作品数をDUGAとFANZAで検索して確認すると、約4倍もの差があることが分かります(2022年7月5日現在、DUGA730本に対し、FANZAは2,984本あります)。なのでフェチな動画を購入したついでにノーマルなAVを購入しようとした場合、選択肢が非常に限られてしまうという点はDUGAの弱みと言えます。

ちなみにライバルのFANZAでは、FANZA独占でしか販売されていない作品も多く、当然それらはDUGAでは購入出来ませんので、DUGAでノーマル系の作品を購入する際のメリットはほぼないと言えます。

また、もう1点デメリットとしては、超格安で購入出来る作品がほとんどないという点も挙げられます。

ソクミルというサイトの場合、「10円動画」といったほぼタダ同然で販売されている作品もあって価格的なメリットをかなり感じますが、DUGAの場合はそのような姿勢は感じられません。

なので企業姿勢として、他のサイトにはない特殊なフェチ嗜好の作品が揃っている強みで勝負しようと考えていると思われます。

DUGA(デュガ)の安全性

結論から先にお伝えすると、DUGA(デュガ)は安全な有料アダルトサイトになります。

サービスを開始から15年以上経過しており、現在に至るまで詐欺や不正請求、ウイルス感染などの被害は一度もありません。

会員数も100万人を超えており、もしDUGA(デュガ)が悪質や詐欺サイトだった場合には、ここまでの運営の長さや会員数も増えるわけもありません。

また、「株式会社CREDIX」のクレジットカード決済代行を採用しており、これまでに個人情報漏洩などもなく安定した運営をしています。

クレジットカード明細名には「CR-PAY」「ND-PAY」「NJ-PAY」「CCS」「CROP」「DDG」「ちょコム-0570073210」「DMT」のいずれかが記載されます。アダルトサイト名やDUGAという名前は入りません。

もちろん、管理人もDUGA(デュガ)に入会し、実際に課金してみましたが、トラブルや不正請求は一度もありませんので安心してください。

DUGA(デュガ)の基本情報

ジャンル オールジャンル
運営開始 14年超
動画本数 14万本以上
更新頻度 ほぼ連日更新
ダウンロード制限 なし
配信方法 ダウンロード
ストリーミング
決済方法 クレジットカード
デビットカード
銀行振り込み
電子マネー
ビットキャッシュ
Edy
楽天あんしん支払い
クレジットカード明細名 「CREDIX」または「ちょコム-0570073210」と記載されます。
スマホ対応 OK
画質 フルHD、HD
DRM制限 なし

DUGA(デュガ)の料金体系

DUGA(デュガ)は「月額定額制と単体購入(PPV)」の2種類の料金体系があり、月額定額制はその名のとおり毎月決まった金額を支払うことで見放題となります。

逆に単体購入は作品を1本単位で購入するため、料金が高くついてしまいますが、ほしい作品をピックアップすることができるできます。

単体購入プランは300円~2.000円前後となっています。

■月額定額プラン

レーベル 全6番組の月額料金
ソフト・オン・デマンド 3.980円(30日間)
パラダイステレビ 1.520円(30日間)
素人チャンネル 2.800円(30日間)
ネクストグループ 1.800円(30日間)
熟女チャンネル 2.800円(30日間)
関西マニア倶楽部 3.800円(30日間)

DUGA(デュガ)の感想

以上、DUGAのメリットとデメリットについてご紹介してきました。

DUGAの強みとしてはフェチ嗜好が強いということで、特定の好意・部位に興味を持った場合に自分のちょっと変わった性癖を満たせる作品に出会える可能性が高いと言えるでしょう。

「こんな異常な性癖人に言えないな」と思ったとしてもDUGAで自分に合う作品に出会えれば、「世の中には自分と同じマニアックなフェチがいるんだな」と勇気づけられる可能性もあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました