PANTY LOVE(パンティラブ)の感想やメリット・デメリットを徹底解説

PANTY LOVE(パンティラブ)感想やメリットとデメリット

PANTY LOVE(パンティラブ)は、「パンティーを焦点」に充てたフェチ要素が強い有料アダルトサイトです。

パンティだけではなく、女性の下半身(ふともも)やローアングルなどパーツ部分や愛汁タップリの染みつきパンティなどなど、マニア好きはたまらない作品を中心に配信しています。

  • PANTY LOVE(パンティラブ)はどんなエロ動画サイトなのか?
  • PANTY LOVE(パンティラブ)はどんな作品を扱っているのか?
  • PANTY LOVE(パンティラブ)は安全に入会できるのか?

などなど、初めての方は色々気になるところでしょう。

そこで、PANTY LOVE(パンティラブ)に実際に入会した感想やメリット、デメリットについて詳しくご紹介します。

PANTY LOVE(パンティラブ)のメリット

PANTY LOVE(パンティラブ)の良い部分やメリットについてお伝えしていきます。

主なメリットとしては以下があります。

・パンティがとにかく好きな方
・下着以外にもコスチュームが好きな方

メリット1:パンティに特化している作品が中心

PANTY LOVE(パンティラブ)はその名のとおり、女の子のパンティを中心に配信しており、「染み付きパンティ、愛汁たっぷりパンティ」などパンティマニアには一押しのサイトです。

出演している女の子は、素人のモデルが多く、女子高生がパンティーを惜しげもなく披露する専門動画サイトは多くありません

PANTY LOVE(パンティラブ)のデメリット

続いてPANTY LOVE(パンティラブ)のデメリットや悪い部分について以下でお伝えしていきます。

・作品数が他に比べると少ない傾向
・単体購入はできない

デメリット1:全作品モザイク付き

PANTY LOVE(パンティラブ)は国内の会社が運営しているためすべてモザイクがほどこされています。

PANTY LOVE(パンティラブ)の安全性

PANTY LOVE(パンティラブ)は2005年開始し15年以上も運営しているため安全性は高いので安心して利用することができます。

クレジットカード決済代行会社には「CREDIX社」を採用しており今までに個人情報漏洩や不正請求などの被害もなく、安定した運営をしています。

サイト内には広告表示なども一切なく、ウイルス感染や

クレジットカード明細名には「CREDIX」または「ちょコム」という請求書で記載され、サイト名などは一切明記されませんので家族バレの心配もありません。

さらに、PANTY LOVEでは最新の暗号化技術であるSSL暗号化通信を採用しているため、クレジットカード情報入力画面は高度な暗号化をされて送信されるので、個人情報が第三者に漏れることはありませんので安心できます。

PANTY LOVE(パンティラブ)の基本情報

ジャンル フェチ・マニアック系
運営開始 2015年
動画本数 3000本以上
更新頻度 毎日更新
ダウンロード制限 なし
配信方法 ダウンロード
ストリーミング
決済方法 クレジットカード(VISA・Master・JCB)
コンビニ決済
BIGLOBE決済
@nifty決済
OCNペイオン
Yahooウォレット
楽天ペイ
BitCash
楽天Edy
口座自動引落
auかんたn決済
クレジットカード明細名 「CREDIX」または「ちょコム」のいずれか
スマホ対応 OK
画質 フルHD、HD
DRM制限 なし

PANTY LOVE(パンティラブ)の料金体系

PANTY LOVE(パンティラブ)の月額定額制のアダルトサイトのため、一定金額以上料金はかかることはありません。

支払い方法には「クレジットカード決済・おとなID決済」の2種類が用意されています。Vプリカやデビットカードでも使えます。

また、退会金や会員維持費などはかからないです。

プラン 月額料金
30日 2.500円(初回のみ3.500円)
60日 5.500円
90日 8.000円

PANTY LOVE(パンティラブ)の感想

PANTY LOVE(パンティラブ)は、パンティーに拘った作品を中心に配信しており、パンティーに特化しているからこそ、カメラワークやアングルともに非常にクオリティの高い作品ばかりです。

更新度も高く、ほぼ連日新作がUPされるため飽きが来ることもないでしょう。

■こちらも良く比較されています

コメント

タイトルとURLをコピーしました